『犬にも医食同源』母の糖尿病から改めて考える


初夏を思わせる日が続いていますね。

娘の学校では、冬服・合服(長袖シャツ&ベスト&夏スカート)・夏服と分れています。
今は冬服と合服の更衣期間なのですが・・・

あまりの暑さに、夏服もOKという指示があったそうで。
冬服・合服・夏服、オールOKという変なことになっているそうです(笑)

ほんと、暑くなるのが少しづつ早くなってるような。
お散歩時間もそろそろ変更かな。

さて、GWのお話。
5日の日は、野菜調達に実家に行っていました。

母がおちょけてますね(苦笑)
お恥ずかしい (*´-`*)ゞ ポリポリ

以前もお話しましたが・・・
母は糖尿病です。

でも、とっても食いしん坊の母は。
どうにかして、食べたい気持ちを満たしたい。

食べられない母を見るのはしのびないので、【自然栽培の濃厚野菜】菊芋サプリを紹介したことは以前お話しました。
これはずーっと今も愛飲しています。

その他にもこんなものを白米変わりに食べています。

2

『あずきかぼちゃ』

そのまんま(笑)
かぼちゃは糖の代謝をしてくれます。

作り方は→こちら

これもとっても効果的みたいで。
サプリだけでサボっていて、かかりつけ医に指導を受けても。

これを白米変わりに食べ始めると、みるみる数値が落ちるって言っていました。
お腹も膨れるし、おかずは普通に食べれるのでストレスがないみたい。

ストレスがないっていうのが一番ですよね~
あずきかぼちゃ、実は須崎先生の本にも出てくるんですよ(笑)

かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食 (宝島社文庫)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】愛犬のための手作り健康食 [ 須崎恭彦 ]

私が手作り食を始めるにあたって、初めて購入した本です。
須崎先生が本の中でおっしゃっています。

『食べ物をクスリにする=医食同源はイヌにも当てはまる』

母が作っていたあずきかぼちゃ。

DSC03378

実際、須崎先生は診療されているワンちゃんにもお勧めされているようです。

ワンも人もそう違わない

って、ことなんだって改めて思う文面です。

手作り食に躊躇されている方も、この本を見ると思ってたより簡単って絶対思うはず。
だって、めちゃくちゃ簡単なレシピなんですもん。

どうやってフードから手作り食に移行していくのか。
そのプロセスがきっちり書かれているので、不安な方は一読されるといいんじゃないかなって思います。

そういや最近読んでない(汗)
復習がてら、目を通そうっと(・ω・)ノ

スポンサー リンク


コメント初めての方は承認制としています
わんこライフの楽しみにしています
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 犬ブログへ 

こちらの記事もどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA