愛犬がめぐり合わせてくれたバイオレゾナンス

Pocket

両親からお礼を言われました。

え?
私にではありません、お2人さんに(笑)

スポンサー リンク


愛犬がいなかったらバイオレゾナンスに出会うこともなかった

あなたも愛犬を通して出会った素敵な事ありませんか?

私の場合は、ブログで何度も書いていますが。
大きなこととしては

須崎先生に出会った事

それによってバイオレゾナンスというものに出会った事

でしょうか。
もうこの二点だけでも、私の視野はすごく広がったと思います。

愛犬や家族にもしもの時が来ても
こういった治療方針で行くんだ!と愛犬が方向性を決めてくれたようなそんな気がしています。

何もないうちから、どういったところでそういった治療を受けれるのか?
少しづつですが、書籍などから調べています。

DSC00796
統合医療でがんに克つ 87―「がん難民」をつくらないために標準治療+ 特集:バイオレゾナンス医学会全国大会講演

楽天ブックスはこちら

この書籍にはどういう風に治療をしているのか?
など、各病院ごとに記してあるので、とても分かりやすく参考に出来るかと思います。

ここに掲載されている病院も、お2人さんがいなかったら
たぶん知らないままだったでしょう。

お2人さんのお陰で
いろんな治療方法や選択肢が増えて

それだけで
すごく心強くなれたし、安心も得れたような気がしています。

3

ふふ。
よかったね♪

両親にお礼を言われて改めてですが

なすびにーたん、つくねさん!
本当にありがとうね!

2

そうえらそーに言われると腹立つけども(笑)

まぁ
お2人さんのお陰には違いないってことで( *´艸`)

感謝の気持ちを忘れずに、日々元気に楽しくお2人さんに接して行きたいと思います♪

スポンサー リンク


いつもありがとうございます♪(・ω・)ノ
日々の更新の励みになっています。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 犬ブログへ 

トラコミュ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ 犬の健康や長生き、病気や介護 犬バカ大集合!!

こちらの記事もどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ただ今、多忙のためコメント欄閉じています。