療法食で症状が消える でもそれは治っているワケではない

Pocket

ストルバイトに出されるPHコントロールが分かりやすい例ですが
この療法食を食べると、尿が酸性に傾きストルバイトが出なくなります。

でも、それって治っているということなのでしょうか?

スポンサー リンク


目先の症状を抑えるだけでは、根本解決にはならない

つくねさんを例に出しますが。

以前、ストルバイトと診断されたことがあります。

関連記事です:ちょっぴり尿漏れ再発、なので検査に行ってきました
関連記事です:つくねさんの腎臓&尿検査の結果

その時はかなりのショックを受けましたが
まあね、そんなこともあります(笑)

話を戻しまして・・・

例にもれず、食事のことを言われました。
その時はジャブ程度に

『まだ初めてなので様子みていいですけど、次も症状が出たら療法食も視野に入れて下さいね』

的な(苦笑)
はい、分かりました的な感じで華麗にスルーさせて頂きましたけども。

療法食を食べさせない大きな理由は

数値合わせだけの食事を食べていると、本当に病気なのか?
もしくは治っているのか?が分からない

そう思うからです。

だって、そうじゃないですか?

ずーっと食べ続けていて数値が安定している=治ったではありませんから。

勉強してきたからこそ
PHコントロールを食べ続けることの弊害が怖いので使いません。

そうやって、ずっとごまかしていると
いずれいろんなところに何かしら出てくると思っています。

なので。

何かしら症状が出た時は、なぜこんな風になっているのか?

と考えるようにしています。

でも、所詮わたしも素人ですのでプロにお任せするしかないのですが。

そういう視点を持つことで
愛犬の健康に寄与出来るのでは?と思っています。

スポンサー リンク


いつもありがとうございます♪(・ω・)ノ
日々の更新の励みになっています。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 犬ブログへ 

トラコミュ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローグ 犬の健康や長生き、病気や介護 犬バカ大集合!!

こちらの記事もどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA