あれもこれも、この病気も口内細菌が関わっているって知っていますか?

Pocket

今日もメンテ中~
こんな写真ばかりですが、ちょっとお出かけはしています。

にーたんももう8歳。
後悔のないように遊びも行きたいですから。

お手入れだって頑張りますよ~

スポンサーリンク


誰もが言うメンドクサイ歯磨き

ええ、私も例にもれずメンドクサイです。

でも、最近10冊超の口内細菌の本を読んで言えることは

後悔のないよう、やっぱり口内ケアはする

という事ですね。
今読んでいる書籍は


白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 (光文社新書)
花田信弘(著)

楽天ブックスはこちら

読めば読むほど・・・
須崎先生がおっしゃっていることのつじつまが合うんですよね。

私も最初は・・・なんでそうなんだろう?
と、むしろ不振がっていたところもありました。

小麦製品はなるべく控える
甘いものも極力食べない

なんだか歯とかけ離れているようにも見えて
この2点は糖質という点で繋がっています。

糖質は身体に害であることはもちろんですが
虫歯を増やす原因にもなります。

私は今糖質制限をしているのですが・・・少し前にした歯科検診で
糖質制限をしてから、口内細菌であるカビ菌とムシ歯菌が激減しました。

そういったことからも、少し制限してみるのもいいかもしれません。

もちろん歯周病も大きな原因としてあげられていますよね?
それらを放置しているとどうなるのか?

歯周ポケットから全身に菌が周り影響を及ぼします。

人でこれだけ騒がれているのに
犬に影響がないなんてそんなことありえないですよね。

そういったことからも須崎先生の医療って最先端だなと思うワケです。
いろんな事を知っていく度に、須崎先生のおっしゃっている意味がよく分かってきて、ますます信頼感が増すというか・・・しっかりとついて行きたいなと。

若いうちは歯磨きしなくてもなんともないかもしれません。
でも、きっとしている人していない人の差は歴然としてくると思います。

歯を抜けば大丈夫・・・歯を抜いた後どうなるか知っていますか?
ということになるんですよね。

だから・・・やっぱり口内ケアは必須と言われるんだと思います。

目を背けて後悔するくらいなら、面倒だって押さえつけても口内ケア。
そのくらい真剣に考える価値のあることだと最近ますます思っています。

・・・熱く語ってしまった(苦笑)

引かれちゃったかしら?(^^;
でも、ほんとうに大切なことなんです。

スポンサーリンク


いつもありがとうございます♪(・ω・)ノ
日々の更新の励みになっています。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 犬ブログへ 

こちらの記事もどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA